薬剤師業務はパソコン必須の時代へ

薬剤師もパソコンスキルが重要

しかし、どうしてもすり抜けてしまうことがあることも事実としてそこに調剤過誤という現実があります。
それを防ぐために粉薬の計量や錠剤の在庫などあらゆる方法でミスを見つけ出し、患者さんに薬が渡る前に防ぐようなシステムが生み出されて行っています。
ここにもパソコンの存在は大きく貢献していっているのです。
現在色々な職種にITは導入され医療の現場もその波を無視しては進めなくなっています。
使いこなさなければすでに業務に支障をきたすようになってきています。
ブラインドタッチをしなければならないとまでは言いませんが、ある程度キーボードになれて打てるようになっていなければついていけない現実がそこにはあります。
私は幸いなことに、ゲームやブログなどでパソコンに触れる機会がブランク中にありましたので、キーボードでの入力にはさほど困るこてはありませんでした。
それでもシステムについていくにはかなりの時間を要しました。
それでももう昔の紙のカルテには戻れないのだなとの実感は強くあります。
業務において服薬指導やあらゆる面において、助けになってくれるのは構築されてきたデータなのです。
たとえ薬剤師が変わっても蓄積されたデータは次の人に受け継がれ確実に患者さんの役に立つ、そんな時代が来ているのです。

薬剤師もパソコンを触る時代アレルギー患者の情報はパソコンで管理薬剤師もパソコンスキルが重要