薬剤師業務はパソコン必須の時代へ

アレルギー患者の情報はパソコンで管理

薬剤師もパソコンを触る時代アレルギー患者の情報はパソコンで管理薬剤師もパソコンスキルが重要

特に必須なのは患者さんの持つアレルギーなどの情報です。
医師が変わったり病院を変えたりされたとき、その情報が正しく医師に伝わっていると良いのですが、そうでない場合一度アレルギー反応を起こした薬剤が投与されてしまうこともままあるのです。
お薬手帳は現在過去の服薬内容は把握できますが、アレルギー反応など、より個人的な内容については患者さんご本人が申告しない限り伝わっていないのではないかと思われます。
そのような場合でもデータに記録されていればその事を医師や患者さんに確認し、変更や指導を行うことが出来ます。
そのことが患者さんへの利益になりこの様な業務こそが薬剤師の仕事として一番大切な部分なのです。
また、調剤薬局においては患者さんの保険のデータ、ジェネリック医薬品希望の有無なども大切な業務の助けになります。
そして今、期待されているのは調剤過誤を限りなく減らすためのシステムの構築です。
調剤薬局には一人調剤を行うところもあり監査が十分に行えないところもあると聞きます。
その場合活躍しているのが様々な調剤過誤をなくすためのシステムです。
薬剤師は責任を持って過誤を起こさないために日々業務を行っています。